情報工学部情報工学科

人とコンピュータに未来の橋を架けよう

スマートフォン、パソコン、家電、自動車など、日々進歩し続ける身の回りの製品のほとんどには情報機能が組込まれている。つまり、これから先のモノづくりに欠かせないスキル、それはハードとソフト両面を巧みに操れる情報技術だ。その製品が実際の人にどのような使われ方をするのかを考えながらプログラミングできるチカラ。またその逆もある。人とコンピュータの架け橋となり、豊かな未来社会に貢献する、それが情報工学科です。

学習領域

学びのキーワード

  • AR・MR・VR
  • CG
  • WEBアプリケーション
  • 暗号
  • 音情報処理
  • 画像処理
  • 人工知能(AI)
  • 感性工学
  • クラウドコンピューティング
  • プログラミング

卒業後の進路

  • CGエンジニア
  • ITエンジニア
  • ネットワーク技術者
  • Webエンジニア
  • ソフトウェア技術者
  • セキュリティ技術者
  • プログラマ
  • システムアドミニストレータ
  • システムエンジニア
  • セールスエンジニア

4年間の流れ

1年次

ひとつひとつの授業が、 丁寧だから 理解しやすい。 これからは 資格にも挑戦。
川中 李梨 さん (福岡県 福岡西陵高校 出身)

人工知能基礎やCプログラミングなど、興味のある学びが多く、毎日楽しみながら学修しています。プログラミングに触れるのは初めてでしたが、先生が丁寧に教えてくださるので非常に理解しやすく、自分でプログラムが組めるようになりました。1年次で学ぶ基礎授業に加えて、今後は資格取得にも挑戦しながら応用力を伸ばしたいと思っています。

情報工学を学ぶために
必要なすべてを、
基本から学ぶ。

情報技術すべてのベースとなる数学や物理を基礎から学び、しっかりとした土台をつくります。少人数での「情報基礎ゼミナール」をはじめ、顔の見えるゼミ形式でのきめ細かい指導によりコンピュータやネットワークなど、情報科学の学習に必要なさまざまな基本知識とスキルを身につけます。

Pick Up 授業

CプログラミングⅠ

プログラミングの基礎である「C言語」を学修。
講義を通して「条件分岐」や「繰り返し」など、多くのプログラミング言語に共通の基本的な概念や、「型」や「ポインタ」など、C言語に特有の記述方法を学修。また、毎回の授業の中で実際にプログラミング演習も行い、C言語を用いたアプリケーション開発能力を身につけます。

続きを読む

2年次

学びを実践できる 工学実験がスタート。 資格取得も頑張りたい!
岩永 一徳 さん (長崎県 長崎日本大学高校 出身)

情報工学実験が始まり、実際にロボットを動かせる楽しさと、座学で培ったプログラミングの知識の重要性を実感しています。班単位の学修を通じて、さまざまな趣味や経験を持つ友人も増え、刺激を受ける毎日です。また就職活動の強みになるITパスポートの合格で、自信がつきました。次は、基礎情報処理技術者試験に挑戦するために日々勉強中です。

ハード・ソフト
両面からのアプローチで
可能性の幅を広げる。

情報技術者として必要な「情報科学」「プログラミング」「人工知能」「コンピュータ技術」の4つの専門領域を総合的に学び、幅広い知識や技術を身につけます。プログラミングや回路に関する内容もレベルアップし、制作できるものの幅も大きく広がります。また、それぞれの分野を組み合わせた総合的なアプローチも学んでいきます。

Pick Up 授業

情報工学実験Ⅱ

将来の就職の選択と活躍の場を広げる授業。
実験を通し、コンピュータと機器およびハードウェアとソフトウェアの連携技術について学修。同時に、専門的な実験機器の使い方やレポートの作成能力も鍛えます。ソフトウェアとハードウェアの基礎知識がしっかり身につく授業です。

続きを読む

3年次

学びの点と点が 線となるのを実感。 社会貢献できる 仕事へ。
豊福 慶大 さん (広島県 崇徳高校 出身)

情報技術者倫理の授業など、実際の事例を基に技術者に何が大切なのかを深く考えるといった、技術・実験以外の授業も増える3年次。正解は必ずしもひとつではなく、自分にない思考を発見し、視野を広げることができました。これまでの学びが線でつながる面白さがあります。将来はSIer(システムインテグレーター)のようなシステムを作り、社会に貢献したいです。

実験を通して、
さまざまな領域を結ぶ
応用力を高める。

「情報工学実験」で幅広い内容を順序立てて学び、「情報工学特別講義」ではそれらの学問がどのように関係しあっているかを理解します。各分野の学びがより具体的・専門的になるほか、さまざまな要素を組み合わせて作り上げる創造力を身につけます。選択科目も多く、それぞれが身につけたい専門領域の知識・技術を高めることができます。

Pick Up 授業

情報工学実験Ⅲ

ハードウェアの概念を変え、視野を広げる実験。
プログラムで変更可能な計算機ハードウェアで構成したタッチパネル付きの小型携帯機器を使用。3次元のグラフィックの絵画などの実験を行うことで、プログラムの対象が単にソフトウェアだけでなく、将来的にはハードウェアにも及ぶことを学び、視野を広げます。

続きを読む

4年次

医療と情報工学を 結びつけた 卒業研究に 取り組んでいます!
二田水 涼香 さん (福岡県 朝倉高校 出身)

ロボットキネクトを用いた高齢者の見守りシステムの研究をしています。心拍数や呼吸数から、移動距離を計測するこのシステムの開発を通じて、基礎学力から応用力に至るまで、4年間の学びが確実に身についていると実感中です。電子カルテを作る企業に内定をいただくことができ、今後はさらに多くの人の役に立ち、信頼される医療系SEを目指したいと思っています。

学んできた知識や
スキルを結集し、
研究に取り組む。

3年間で学んできた情報科学の幅広い知識やスキルをつなぎあわせ、最新の情報機器設備や実験設備を活用しながら卒業研究に取り組みます。各研究室では、情報処理の基礎研究から技術を組み合わせて行う応用研究、情報に関する教育法の開発まで、幅広い学問領域を活かしたバリエーション豊かな研究テーマを設けています。

研究テーマ例

  • 家永研究室

    人間支援に関わる情報通信及びロボット関連技術の研究

    情報通信技術とロボット関連技術で、人間を支援するさまざまな機器やシステムの開発を行っています。

  • 相良研究室

    不正アクセス通知システムの研究開発

    世界中から多くの攻撃や不正アクセスを受けているコンピュータの状況を、人に伝えるシステムを開発しています。

  • 徐研究室

    Webデータベース技術

    Amazon等の通販サイトのように商品情報をデータベースで管理し、サイトプログラミングでWebページを動的に作成します。

  • 岩﨑研究室

    暗号・乱数の評価に関する研究

    情報セキュリティに欠かせない、暗号や乱数の強度を調べる統計的なテストの研究・開発を行っています。

  • 柴田研究室

    プログラミング教育に関する研究

    人工言語であるプログラミング言語を、楽しみながら修得するための研究を行っています。

続きを読む

研究の現場から

数理的観点から、脳の可能性に向き合う

山口研究室

脳型情報処理の研究

記憶表現・情報処理機能などさまざまな脳のメカニズムを、数理モデルを用いてコンピュータ上に再現。人間に近い「脳の使い方」ができる人工知能など、発展の可能性を秘めている。認知症など脳が関係する問題に、情報や数理の観点から考察を加えることで、新たな糸口が見つかるのではないかと期待されている。

福本研究室

ユーザの感性に合うメディアの生成と
メディアの効果の調査

ユーザの感性に合うメディアコンテンツをつくる研究を行っています。具体的には、進化計算という手法を用い、音の並びや香料の組み合わせについて、一人ひとりのユーザに合うパターンを探す手法を提案しています。また、皮膚温や脳情報によりその効果を調べる研究も行っています。

兵頭研究室

受動歩行理論を応用した教育教材と
歩行補助器具開発

受動歩行とは坂を下る力を利用し、動力源や電気を使用せずに歩くことです。本研究の受動歩行ロボットは100時間で連続歩行距離16.3kmのギネス記録を樹立。この受動歩行理論を応用すれば、義足の制御、歩行支援、教育教材への展開、ヒューマノイドロボットの省エネルギーな歩行制御へ利用することができます。

資格

情報分野の就職に有用な、資格取得を積極的に支援。

情報工学部共同で4つの資格講座を開講するなど、
情報分野での就業に有用な資格取得を支援しています。

取得できる教員免許状 高等学校教諭一種(数学、情報) / 中学校教諭一種(数学)
取得を支援している資格 ITパスポート / 基本情報技術者試験 / 情報セキュリティマネジメント /
LPIC(Linux Professional Institute Certification) /
CCNA(Cisco Certified Network Associate)

※資格取得には所定の単位取得が必要です。(取得を支援している資格は除く)
※上表の資格は2017年度実績であり、2018年度は変更になる場合があります。
※資格の教職免許については、再課程認定申請中です。ただし文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

就職

就職率 100%
(2018年3月卒業者実績)

  • 全卒業者………………159
  • 就職希望者………………148
  • 就職者………………148
  • 大学院進学者数…………………8
【就職状況】

就職先一覧 過去3年実績一部抜粋

チームラボ/福岡銀行/西日本シティ銀行/富士ソフト/NECフィールディング/日立システムズ/三菱電機インフォメーションネットワーク/NTTビジネスソリューションズ/NTTデータNCB/サイバーコム/GMOインターネット/パナソニックデバイスシステムテクノ/Minoriソリューションズ 他

内定者メッセージ

優秀なシステムエンジニアに不可欠な
コミュニケーション力の向上を意識しました。

櫟原 浩幸 さん

情報工学部 情報工学科 4年 (福岡県 久留米高校)
内定先:株式会社Minoriソリューションズ

ゼミでは統計学を学び、バグの量を予測する研究を進めてきました。SEは組織で行うプロジェクトが多いため、高いコミュニケーション力が必須です。早い段階から意識し、周りと交流を深めたおかげで、入学当初から目指していた希望職に内定をいただくことができました。基本情報技術者試験の取得など、今後、役立つ資格や知識をさらに身につけたいと思っています。

就職サポートをフル活用。
在学中に身につけた協調性も武器に。

真鍋 麻紀 さん

情報工学部 情報工学科 4年 (福岡県 筑前高校)
内定先:株式会社福岡銀行

吹奏楽を続けながら、将来に役立つ学びを修得したかった私にとって、どちらの夢も叶えることができる場所が本学でした。当初は教職を志望していましたが、銀行窓口の方の丁寧な対応に憧れ銀行員を目指すことに。目標の変更にも柔軟に対応してくださる先生方や、面接指導などバックアップのおかげで無事、希望の就職先から内定をいただくことができました。

教員メッセージ

興味や知識を役立つカタチへ結ぶ
ICTの幅広い学び。

情報工学科 学科長 山澤 一誠 教授

今やICTはあらゆるモノに活用される時代。本学科ではICTの基礎を幅広く学べる特徴があり、多彩な授業や個性豊かな先生方も魅力です。大切なのは「知識を役立つ何かに紐づけるチカラ」。2年次からはプロジェクト型演習など知識をカタチにする学びもできるので、勉強だけでなく趣味など自分の興味を入口に、ICTを広く学んで将来のカタチに紐づけて欲しいと思います。

※学生の学年表記は取材時のものです。
  • 学生メッセージ「FIT Dream Magazine」気になるキーワードから在学生・卒業生の体験談を探してみて下さい。
  • 学生メッセージ「FIT Dream Magazine」気になるキーワードから在学生・卒業生の体験談を探してみて下さい。

資料請求

研究シーズ集

その非常識が、常識になる。[研究室紹介動画]

学生メッセージ