工学部電気工学科電気開発エンジニアコース/電気総合エンジニアコース

身近なエネルギーに広がる無限の可能性

モータからフレームまで自分たちの手で作るミニカー。1年次に入門編として取り組むこの実習が、電気工学への入口です。私たちが普段何気なく使っている電気は、いろいろな形態のエネルギーに変換・伝送しやすいため、環境・医療・農業などさまざまな分野で応用するための研究が日々行われています。最先端の研究に取り組む教員たちとともに、より快適で安全な社会の実現を目指す“創造の旅”は、手作りのミニカーが動いたときに感じた「感動」と「好奇心」からスタートします。

学習領域

学びのキーワード

  • インバータ
  • システム制御
  • 水素自動車
  • 蓄電池
  • 電気エネルギー
  • 電気自動車
  • 電気設備
  • 電子エレクトロニクス部品
  • 燃料電池
  • バイオマス

卒業後の進路

  • エネルギー系研究・技術者
  • 地方・国家公務員
  • 産業用機械メーカー
  • 自動車メーカー
  • 重工業
  • 鉄道会社
  • 電気工事士
  • 電機メーカー
  • 電子・電気系研究・技術者
  • 電設設計会社

4年間の流れ

1年次

基礎が しっかり身につくから、 応用もよく分かる。
加納 侑弥 さん (福岡県 小倉高校 出身)

物理学や解析学など、授業内容がより専門的になりますが、理系科目の復習を確実に行い地固めをするので、発展的な内容も理解しやすいです。また座学だけでなく自分の手を動かすことも多く、グループで話し合う機会も増えるため、研究に対する意欲も高まります。次の学年では、開発に関する深い知識を身につけたいです。

基礎をしっかり固め、
電気工学の
スタートラインに立つ。

電気回路、電磁気学、電気工学といった基本分野のベースとなる数学や物理を学ぶとともに、電気工学科の4つの専門領域の基礎知識を身につけます。また、教育用ロボットの組み立て製作を通して電子部品や工具、測定器の扱いを修得する授業など、理論と実践の両面からのアプローチで基礎力を養い、2年次以降の学びの足がかりとします。

Pick Up 授業

電気工学概論

電気技術者を目指し、学修意欲を高めるきっかけに。
電気工学を構成する「電気機器関連分野」、「電気エネルギー関連分野」、「情報制御関連分野」、「半導体関連分野」4分野の話題をオムニバス形式で講義。また、講義と交互に工作演習も実施。失敗と成功体験を繰り返すことで、2年次に開講される「エンジニアリングデザインⅠ」の糧になります。

続きを読む

2年次

仲間と刺激し合い、 海外で活躍できる エンジニアを 目指します!
小山 智寛 さん (福岡県 福岡舞鶴高校 出身)

2年次から実験が始まり、測定という数字を通じて学びが活きているのを実感しています。また、留学先でエンジニアの方にお話を聞くことができ、大きな刺激になりました。学修意識の高い仲間のおかげで、私自身のモチベーションも高めることができています。国内外で活躍できる電気エンジニアになるために、資格や英語にも磨きをかけていきたいです。

幅広い専門領域を
横断的に学び、
未来を広げる。

電気工学科の主要4領域である電気機器・パワーエレクトロ二クス工学、電気エネルギーシステム工学、電気基礎学・情報制御工学を、実験や実習を中心に学びます。開発者に必要な知識として電子回路の発展授業も学びます。また、プレゼンテーションや技術者倫理など、社会人として必要な知識やスキルも身につけます。

Pick Up 授業

電気基礎学実験

講義内容とリンクした初めての実験。
電気回路や電磁気学等の講義で学修した内容に対応した実験テーマになっているため、講義で学んだことを実際に確かめることができ、内容をより確実に自分のものにできます。また、実験の行い方、実験誤差、データの処理の仕方、レポートの書き方なども身につきます。

続きを読む

3年次

これまでの学びの 集大成として 電気自動車を作成中!
片岡 大和 さん (宮崎県 延岡工業高校 出身)

今、エンジニアリングデザインIIの授業で、モータや回路の制御・調整を行い、電気自動車を作成中です。作成過程では苦労も多い分、モノづくりの面白さを実感しています。留学も経験し、積極性も身につきました。現在は第三種電気主任技術者試験に向けて勉強中です。将来は、その時代に適したさまざまな技術を提供できる技術者になりたいと思っています。

発展的内容の修得と
総合力アップ。
資格の取得も目指す。

基礎系の科目から主要4領域の専門科目に大きくシフトし、各種実験施設も使用しながら専門的な知識やスキルを高めます。また、電気主任技術者など、電気関連の資格取得を目指した対策授業も実施します。さらに電力や制御、組込み等に関する発展的な科目を学び、開発者としての専門性を高めます。

Pick Up 授業

電気工学実験Ⅰ・Ⅱ

電気技術者として必要な測定技術を修得。
電気機器であるモータの回転力や、発電機の発電効率などの電気的性質を実験を通して学修。電圧計や電流計などさまざまな測定器を使って測定を行い、各種測定器の使用方法まで修得できます。また、実験結果をレポートにまとめるための文書作成力やグラフ作成力も身につきます。

続きを読む

4年次

できることが増えると 楽しみも目標も増える。 充実感でいっぱいです。
中山 稚菜 さん (福岡県 福翔高校 出身)

リニアジェネレーターを用いて、建物に対する地震の揺れを抑制するシステムを研究しています。時間も労力もかかりますが、その分達成感も大きく、今までに学んだ基礎が細部において活きていると実感中です。電気工事士の資格取得をはじめとし、いずれは「人の生活を支えたい」という目標を叶えるために、挑戦や学びを続けたいと思っています。

身につけた力
すべてを複合させ、
アウトプットする。

卒業研究を通して、自主的・計画的に技術や知識を発揮する力を身につけます。各研究室では、電気工学の技術を用いた社会の問題の解決や現象のメカニズムの解明、新素材や新技術の開発など、社会を支える個性豊かな研究を行っています。仲間とのコミュニケーションやプレゼンテーションなど、工学的な能力以外の力も必要とされる場面が多い年です。

研究テーマ例

  • 鈴木研究室

    半導体中の量子力学的電気伝導の研究

    ナノメートルスケールの半導体微細構造中に現れる量子力学的効果を用い、新原理素子の実現を目指します。

  • 辻野研究室

    メカトロニクス機器の制御

    シミュレーションから実験までを行い、メカトロニクス機器を自由に操るための制御システムを設計しています。

  • 松尾研究室

    核融合プラズマのレーザーによる可視化

    環境汚染、燃料問題を解決する夢のエネルギー「核融合」の実現のため、超高温プラズマをレーザーで診断します。

  • 白濱研究室

    次世代パワー半導体デバイスの利用技術と応用システム

    パワーエレクトロニクス応用機器の更なる省エネ化を期待できるワイドバンドギャップ素子の利用技術を開発しています。

  • 梶原研究室

    球雷に関する研究

    高電圧パルス放電により発生する空中浮遊発光体「球雷」の、発生と発光維持のメカニズムについて研究しています。

続きを読む

研究の現場から

モータの歴史に“新革命”を起こす

大山研究室

誘導モータや制御システムの開発

ガスや水道など、インフラに大きく影響を与えている誘導モータ。約200年にわたって研究されているこの分野は今、ほぼ完成形に近づいていると言っても過言ではない。ゆえに、さらなる制御開発の研究は、実現すれば波及効果は絶大! さまざまな着眼点からの探求がモータの新たな歴史に一石を投じるのだ。

高原研究室

災害から人を守る・救う
水で走る燃料電池自動車

アルミくずを原料とする活性化アルミと水から水素を発生させる水素発生装置搭載の燃料電池自動車を研究しています。例えば電気もガソリンもない災害時でも、そのアルミと水さえあれば、水素を発生しながら走ることが可能です。将来的にアルミ缶などを利用することができれば、備蓄されたゴミを燃料に走り続ける環境性の高い車にもなり得ます。

中西研究室

電気で水の分子運動を観測し
生体分子の謎を解き明かす

生体分子が回転すると電流が発生します。逆にその電流を観測すれば分子運動を知ることができます。中西研究室では、タンパク質などの生体分子の周囲の水や、水の中の水分子の運動と、生体分子との相互作用を調べています。こうした研究は薬のデザイン、食品の保存や食感のコントロールなど生命科学に関する広い分野の基礎になっています。

資格

電気設備関係資格の認定カリキュラムを整備し、即戦力として就業に役立つ資格取得を支援。

経済産業省が認定する「電気主任技術者」免許の認定要件を充たしたカリキュラム構成になっており、電気関連資格の取得が有利になります。

取得できる教員免許状 高等学校教諭一種(工業)
実務経験を経て取得できる資格 電気主任技術者(第1種、第2種、第3種)
取得を支援している資格 電気工事士 / 電気主任技術者(第1種、第2種、第3種)

※資格取得には所定の単位取得が必要です。(取得を支援している資格は除く)
※資格の教職免許については、再課程認定申請中です。ただし文部科学省における審査の結果、予定している教職課程の開設時期が変更となる可能性があります。

就職

就職率 100%
(2018年3月卒業者実績)

  • 全卒業者…………………72
  • 就職希望者…………………63
  • 就職者…………………63
  • 大学院進学者数…………………9
【就職状況】

就職先一覧 過去3年実績一部抜粋

富士通/九電工/旭化成/九州旅客鉄道(JR九州)/住友電設/西部電気工業/きんでん/関電工/神戸製鋼所/NECフィールディング/ケーヒン/日本電設工業/日本コムシス/中電工/富士電機/NECフィールディング/富士通ゼネラル/九州電気保安協会/ダイキンエアテクノ/三井ハイテック 他

内定者メッセージ

幅広い就職環境も魅力のひとつ。
新エネルギー開発の担い手へ。

川原 諒平 さん

工学部 電気工学科 4年 (福岡県 筑前高校)
内定先:九電工新エネルギー株式会社

現在は世界初の発電機であるピクシー発電機を自作し、その動力・出力を研究しています。本学は実践的な科目が多く、専門力が身につきました。また、他大学と比べて就職活動にも幅広く挑戦できる恵まれた環境でした。内定先は洋上発電開発など最先端のエネルギー開発に携われる職場なので、その担い手になれるよう頑張ります。

大学で学んだことや、自分の成長を
余すところなく伝えることができました。

新吉屋 祐介 さん

工学部 電気工学科 4年 (福岡県 武蔵台高校)
内定先:富士通株式会社

地震の振動抑制装置の開発をテーマに、チームで研究を続けてきました。アクティブ・ラーニング型授業や反転授業のおかげで、話を集約する力が身につき、学びの成果を伝えられたと思っています。また、就職活動において本校のサポートが非常に手厚く、恵まれていることを実感しました。今後は環境問題や、自然災害に役立つシステム開発に携わっていきたいです。

教員メッセージ

モノづくりへの興味と関心を高めてくれる
一流の研究者と最先端の研究分野。

電気工学科 学科長 北川 二郎 教授

研究に熱心に取り組む一流の研究者を教員に迎えており、「電気自動車のシステム開発」「プラズマの医療・農業応用」「廃棄物を利用した蓄電池の研究」など、最先端分野の研究を通じてモノづくりへの意欲と関心を高めてくれます。予習を重視した反転講義やアクティブ・ラーニングを取り入れることで学修効果を高め、主体性の確立につなげています。

※学生の学年表記は取材時のものです。
  • 学生メッセージ「FIT Dream Magazine」気になるキーワードから在学生・卒業生の体験談を探してみて下さい。
  • 学生メッセージ「FIT Dream Magazine」気になるキーワードから在学生・卒業生の体験談を探してみて下さい。
九州私大No.1の就職率 FIT工学部のススメ 工学部特設サイトはこちら

九州私大No.1の就職率 FIT工学部のススメ 工学部特設サイトはこちら

資料請求

研究シーズ集

その非常識が、常識になる。[研究室紹介動画]

学生メッセージ