ニュースリリース(マスコミの方へ)運転の「危険度」に新指標を~リスクの定量評価で過信事故防ぐ~

全国で多発する悲惨な交通事故を受けて、車のドライバーには運転リスクへの意識を高めることがよりいっそう求められています。安全運転のためには、自分の注意力や認知力の状況を適切に知り、「自分の運転はどれくらい危険なのか?」自覚することが求められます。しかし、私たちは自分の運転の危険性を客観的に評価することは出来ず、経験に基づいた主観的な評価に頼って運転をしています。ここから生まれる過信は事故の大きな要因です。本学工学部電子情報工学科の松木研究室ではドライバーの注意力や認知力についてシミュレーションや画像処理技術などを用いて分析。

それぞれのドライバーの運転の危険度を、客観的かつ定量的な指標、「POC」を用いて測ることを目指した研究を行っています。自分はどれだけ危険な運転をしているのか?新指標、「POC」で具体的な危険度を車がアラートしてくれる仕組みが出来れば、無謀な運転や注意力低下が招く事故は減るかもしれません。

新指標で交通事故を減らし、生命財産を守る。松木教授の研究にぜひご注目ください~

 

交通事故危険度の新指標「POC」とは

POC=probability of collision (事故の「起こりやすさ」)

交通事故が起きる危険度は車と周囲の環境×ドライバー自身の注意力が組み合わさって初めて定量的な指標が出来ます。ドライバーと周囲の状況をそれぞれ客観的に見て、どれくらい危険な運転をしているのか?分析した指標がPOCです。

これらの指標から割り出したPOCを基に将来は「POCメーター」や「POCシミュレーター」の実用化を進め、危険運転を客観視することで事故を減らすことを目指します!

 

車と周囲の環境をシミュレーション

スピード、車間距離、交通量、道路の見通し等、様々な周囲の条件下でどう危険性が増すのか。シミュレーションし、POCの基データの分析&蓄積をしています。現在は特に事故の多い交差点通過時の事故モデルを作成し、分析を行っています。研究室では、5台のPCモニターを用いたドライビングシミュレータも設置。実験者が実際にアクセル&ブレーキ、ハンドル操作しながら、どのような条件下で人の反応に差が出るのか、根気強く実験を行っています。

 

居眠り、注意力低下 画像処理分析で

ドライバーの注意力低下の代表的なケースである「居眠り運転」。シミュレーターに設置したカメラでドライバーの顔を撮影。画像をリアルタイムにプログラムで処理し、独自の指標、「開眼率」(上まぶたの閉じ具合を%で表す)を割り出して運転者が居眠り状態に陥っていないか計測する技術を開発しています。この技術で割り出した居眠り運転、集中力低下のリスクも将来的には「POC」に算入することが出来ます。

 

「わき見」リスクも定量化

角度の違うLEDランプ点灯時のブレーキ反応時間を計測。視線角度が反応に影響することを実証済

運転中のドライバーの視線の向きによって、事故リスクは刻一刻と変化しています。 松木研究室ではドライバーの視線の角度によってどれだけ事故リスクが高まるのかを定量化する実験も実施。このわき見リスクも「POC」に算入するシステムを開発しています。

 

松木 裕二(まつき ゆうじ)教授

  • 工学部 電子情報工学科
  • 工学研究科 修士課程 電子情報工学専攻

 

研究分野:
社会システム工学・安全システム

研究キーワード:
自動車事故防止,ドライビングシミュレータ,反応時間,覚醒水準

 

取材のお申込み・本件発信部署

福岡工業大学 広報課 (担当:池田)
TEL:092-606-0607

取材のご依頼は下記申込書(PDF)をご記入のうえ、
FAX(092-606-7357)またはメール(kouhou@fit.ac.jp)にて本学広報課にご送信ください。

 

 

 

 

資料請求